アメリカの幼稚園、保育園とは(先生目線)

 

はい、続いて先生側のお話。

 

 

Pre school の先生達の年収は28570$/323万(国平均)

 

1番高い
Louisiana州→39970$/451万

1番安い
Idaho州→21930$/248万

 


ニューヨークは30000$/339万で意外にも1位ではない。

 


因みに特別学校(ハンディキャップのプレスクール)の先生は$53990/610万なのでアメリカの小学校の先生のサラリーとあまり変わらないのだ。

 

*数字はアメリカ教育省データより

 


これは意外だった。障害児教育が手厚いなんて。日本は逆というか変わらないというか…

 

 

因みに日本の保育士給料は平均316万。アメリカとほぼ変わらない(微妙に安い)

 

 

幼稚園の働く時間はということでGrayのいる幼稚園を例に。

 

 

7-4時がワークタイムだけど、子どもが帰ったら帰れるので3:30に帰れる時もある。

 

 

子ども達は8:00-3:30。以下毎日の流れ。

f:id:orihato:20170624053103j:image

 

 

分単位での時間割。因みに日本の保育園(幼稚園もだけど)の先生達も分単位の時間割で毎日の案を考えてる。

 

 

内容は読み書き、計算、アートなど。小学校寄り。ただ自由時間は本当に自由に遊ぶ。

 

 

はい、1日中自由に遊んで〜はプレスクールなのです。自由保育をするのは4歳までですから、アメリカ。

 

 

また休みは土日休み&祝日。この祝日が多いんだw月2回くらいはあるさらにイースターだったり夏休み(2ヶ月)だったり…圧倒的に働く時間は短い。

 

 

子どもは30人、先生は2人。1:15ってわけですね。日本は5歳児なら1:30なのでその半分。ラクちんですよね、先生達??

 

 

これは幼稚園で配られてたお手紙。先生が作ってる。何をメインにやってます、これチェックしてね!とかそういう感じ。

f:id:orihato:20170624064428j:image

 

 

こう見るとアメリカの保育園、幼稚園の方が働きやすいのかもしれない。給料は日本と変わらないでこの働く時間の短さと書類の少なさ。

 

 

ただ私立のお坊ちゃま、お嬢様の場合はまた変わると思うけど。

 

 

今回こういうリッチなところに行かなかった。ただリアルなアメリカの保育状況としてはこんな感じ。

 

 

さらっと旅人が入れることはなく、電話やら突撃を試みたけどダメ〜ってところが多かった。

 

 

Gray本当にサンキュー!

 

 

こんな感じなのです! さぁまとめよう😎

 

 

YOLO!!